クラウド型のネットショップ管理がおすすめ!

一元化のメリットを知っておこう

複数のモールにお店を出店している人は、データの一元管理を行うのがおすすめです。ECサイトにおいてデータの一元化をすれば作業効率が向上するといったメリットがあります。これによる業務時間を大幅に短縮することができます。具体的なメリットですが受注情報を一元化を行えます。これにより入金待ちなのか、配送が完了したのか注文情報を把握しやすくなるのが特徴です。またすべての受注情報を横断して検索をする事が可能です。他に在庫情報の一元化も可能で、こちらの機能は複数の店舗の在庫を一括更新することが可能です。在庫を一括更新できれば売り切れてしまった商品に、他のお店から注文が入ってしまうといったトラブルも回避できます。

一元管理機能をいくつか紹介

一元管理システムには多くの機能が付帯しています。例えば出荷作業の一元管理機能が付属しているのが特徴です。これはピッキングリストや送り状ソフトへの取り込みをするための配送データなどを出力をすることができます。ネットショップでは商品を沢山販売します。商品データを登録する作業も行えるのが一元管理システムのメリットです。商品登録をしておけば一括で店舗の商品を更新することができます。1店舗ずつ商品データを更新する手間を省けるのが強みです。これはセール時期に販売価格の更新を行うときにも使えるでしょう。他にも全店舗のデータをシステム内で管理と出力できるといった機能もつきます。各店舗のデータを手動でまとめる必要がなくなるのもメリットです。

© Copyright Shop Management Solution. All Rights Reserved.